伊丹市社会福祉協議会

伊丹社協トップ

伊丹市地域生活支援センター

福祉権利擁護ふくしけんりようごセンターとは・・・認知症にんちしょう知的障害ちてきしょうがい精神障害せいしんしょうがいなどで判断能力はんだんのうりょく支援支援必要ひつようひとみなれた地域ちいき安心あんしんしてらすことができるように、相談そうだん支援しえんをする窓口まどぐちです。
このセンターは、権利擁護けんりようご推進すいしんする関係機関かんけいきかん市民しみんとの連携・協働れんけい・きょうどうにより運営うんえいしています。

ブログ

事業内容じぎょうないようについて

相談・支援そうだん・しえん

関係機関かんけいきかん本人ほんにん、その家族かぞくからの相談そうだんおうじます>
たとえば・・・
成年後見制度の利用に関する相談せいねんこうけんせいどのりようにかんするそうだん
日常金銭管理や財産管理等の相談にりじょうきんせんかんりやざいさんかんりとうのそうだん
虐待に関する相談ぎゃくたいにかんするそうだん
消費者被害、詐欺等に関する相談 等しょうひしゃひがい、さぎとうにかんするそうだん など

相談内容に応じて関係機関と連携して支援しますそうだんないようにおうじてかんけいきかんとれんけいしてしえんします
たとえば・・・

成年後見制度を必要せいねんこうけんせいどをひつようとするかた制度を利用せいどをりようできるように、関係機関等と連携かんけいきかんとうとれんけいして、申立もうしたてにかんする助言や手続き支援等を行いますじょげんやてつづきしえんなどをおこないます

高齢者虐待の対応こうれいしゃぎゃくたいのたいおうなどで法的な助言や支援が必要ほうてきなじょげんやしえんがひつようなときには、法律専門職ほうりつせんもんしょく弁護士、司法書士等べんごし、しほうしょし)の助言や支援を受けじょげんやしえんをうけられるように調整ちょうせいし、福祉や医療関係機関等と連携ふくしやいりょうかんけいきかんとうとれんけいして相談や支援を行いますそうだんやしえんをおこないます

権利擁護の人材育成

市民の立場を活かして、権利擁護活動を行う「市民後見人」や「後見サポーター(ボランティア)」の養成や活動の支援を行います。

権利擁護、成年後見制度に関する広報・啓発

市民や関係機関の方々を対象に成年後見制度や権利擁護に関する情報発信や講演会等を開催し、広報・啓発を行います。

福祉サービス利用援助事業(日常生活自立支援事業)

認知症や知的障害、精神障害等により判断能力が不十分な人に対して、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理を行う事業です。

ご利用できる人(次のいずれにも該当される人)
・伊丹市在住で、判断能力に不安のある高齢者や知的障害者、精神障害者など
・ご本人の利用意思が確認できる人

サービスの内容
次の3つの中から利用したいと思う援助を選んでいただけます。
@ 福祉サービスの利用の援助
・福祉サービスを利用、または利用をやめるために必要な手続き
・福祉サービスの利用料を支払う手続き
・福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き など
※施設への入所契約、病院への入院契約や保証人になるといったお手伝いはできません。

A 日常的な金銭管理の援助
・税金、社会保険料、公共料金、医療費、家賃などの支払い手続き
・年金の受領に必要な手続き
・日常生活に必要な預貯金の払い戻しや預け入れなどの手続き
・支払いなどを伴う通知物の確認  など

B 通帳・印鑑のお預かり
・希望される預貯金通帳(残高が日常生活費程度のもの)、金融機関届出印、年金証書などの預かり
※大きな財産の管理や、株券などの価値の変わる書類を預かることはできません。

ご利用までの流れ
お手伝い(援助)の前には、下記のような手続きとなります。
説明: 1.相談 お困りの方はまず、伊丹市社会福祉協議会へご相談ください。相談内容の秘密は必ず守ります。 2.訪問 伊丹市社会福祉協議会の専門員(※1)がご自宅に訪問し、お困りごとやご本人の希望をお聴きします。 3.支援計画の策定 お困りごとを一緒に考え、どのようなお手伝いをしていくのか、ご本人とともに考えます。その際、お手伝いの内容、利用回数などをのせた支援計画書をつくります。 4.契約 お手伝いの内容が決まれば、ご本人と伊丹市社会福祉協議会と兵庫県社会福祉協議会とで契約を結びます。(この制度は兵庫県社会福祉協議会からの委託事業です。) 5.支援の開始 契約の手続きが終わりましたら、お手伝いを開始します。生活支援員(※2)が訪問し計画に沿ってお手伝いをします。お手伝いがいらなくなったらいつでも契約を終了することができます。
※1 専門員とは
利用者のご自宅を訪問し、生活の状況などを把握しながら、福祉サービス利用援助事業での契約や支援計画などを立てる担当者です。
※2 生活支援員とは
契約の内容にそって定期的に利用者のご自宅を訪問し、福祉サービスの利用手続きのお手伝いや、預貯金の預け入れや払い戻しなどの代行を行う担当者です。

相談・利用料
相談は無料です。
利用料は1時間500円  ※生活保護を受けている人は無料です。

もしもこのサービスが使えない場合は・・・
判断能力の低下により、このサービスが利用いただけないときは、成年後見制度のご利用をおすすめすることもあります。

※成年後見制度とは・・・
認知症、知的障害、精神障害などが理由で、判断能力が不十分でご自分で契約などの法律行為ができない人に対し、家庭裁判所が成年後見人などを選び、成年後見人などがご本人に代わって財産管理や法律行為を行う制度です。

運営体制について

伊丹市福祉権利擁護センターは、広範で多様なネットワークにより総合的に支援されることが望 ましいと考え、市内の社会福祉法人を中心に、専門家、行政等により協働で運営しています。

運営体制は、「運営委員会」と二つの事業を担う「調整支援委員会」「後見支援委員会」によって構成します。
(1)運営委員会
 センターの運営そのものを担います。委員会では、運営方針並びに事業計画、予算について決 定します。センターを共同で運営する市内社会福祉法人等の代表者や弁護士・司法書士・税理士・ 社会福祉士・医師等の専門職団体・行政・NPO法人や当事者団体から推薦される委員によって構成します。

(2) 調整支援委員会
 調整支援事業を担います。個別支援における相談支援機関のバックアップや包括的権利擁護支援ネットワークの構築や調整等のコーディネートを行います。委員は、弁護士・司法書士・社会福祉士・医師・税理士等の専門職・市担当課職員・相談支援機関相談員等によって構成します。

(3) 後見支援委員会
 後見支援事業を担います。多様な後見支援の充実を目指し、市民後見人等支援者の養成や支援、社会福祉法人等が行う法人後見の支援を行います。委員は、弁護士・司法書士・社会福祉士等の専門職及び市担当課職員等によって構成します。

※事務局
 事務局は、伊丹市社会福祉協議会が担い、センターの運営における全体調整及び事務を行います。事務局体制としてセンター長・コーディネーター(専任職員)・福祉サービス利用援助事業担当職員(専門員)等により構成します。

説明: 運営体制

協働事業の社会福祉法人

明照会、いたみ杉の子、翠松会、協同の苑、ヘルプ協会、ジェイエイ兵庫六甲福祉会、伊丹市社会福祉事業団、伊丹市社会福祉協議会

関係機関・団体

伊丹市医師会、兵庫県弁護士会、兵庫県司法書士会、兵庫県社会福祉士会、近畿税理士会、
伊丹市民生委員児童委員連合会、伊丹市手をつなぐ育成会、あじさいの会(伊丹市精神障害者家族の会)、伊丹市身体障害者福祉連合会

伊丹市

お問い合わせ
伊丹市福祉権利擁護センター(事務局 伊丹市社会福祉協議会)
〒664-0014 伊丹市広畑3丁目1番地 いきいきプラザ内
TEL:072−744−5130 FAX:072−787−6911
利用日・利用時間 月曜日〜金曜日 午前9時〜午後5時30分 (土・日曜日、祝祭日、年末年始はお休みです。)

  • 地域福祉活動
  • 東日本大震災に関する情報