市内に6ヵ月以上居住の低所得世帯等が、不時の出費などで資金が必要な場合で、その資金の調達が困難な世帯に対し、生活の安定と福祉の向上を図るため必要な資金を貸し付けます。
 
県社会福祉協議会が実施する生活福祉資金の市の委託窓口として、低所得者、高齢者、身体障害者等に対し、民生委員児童委員と連携し、生活福祉資金の貸付相談及び必要な援助指導を行ないます。→ 詳しくは
 

戻る