アイ愛センター 昆陽池2-10 電話072-772-0221 FAX:072-780-2897

「ポテトサラダ」平成24年9月号(テキスト版)

1ページ

<目 次>

■紹介記事 ローリングバレー 西宮メッツ P2
■精神保健福祉ボランティア入門講座 P2
■アイ愛カルチャーだより9月 P3
■パソコン要約筆記奉仕員養成講座 P3
■三枝選手、入賞おめでとう!! P4
■手話サークル「アタシカ」 P4
■ピア・カウンセリング、専門スタッフ相談日程 P5
■権利擁護相談をご利用ください!! P5
■研修に関するご案内  P5
■「いたみこどもいちば」開催! P6
■デイサービスを利用されているメンバーさんの取り組み紹介 P7
■9月の伊丹市立障害者福祉センター利用案内 P8


2ページ

紹介記事
ローリングバレー西宮メッツ

床面から30cmの高さに張られたネットを挟み、バレーボールがネットの下を激しく行き交います。
前衛の障がい者の強烈なアタックを、相手チームの前衛が体を張ってブロックする。こぼれたボールを後衛の健常者がバックアップ、トスをもらった前衛が強烈なアタックを放つ。障がい者、健常者が一緒にプレーするスポーツ、ローリングバレー。
毎週金曜日の夜、西宮市総合福祉センターで練習に取組んでいるチームがあります。昭和63年、ローリングバレー発祥地、兵庫県立播磨養護学校のOBであり、ローリングバレーの生き字引的存在である山田幸男氏(故人)と同じくOBの現・代表岡本哲治氏が知人を介して知り合い、2人がチーム立ち上げの中心となり約10名で発足した「西宮メッツ」。
当初は、「阪神メッツ」というチームともう一つの2チームを立ち上げ、伊丹市を拠点に活動をしていましたが、約20年前に「西宮メッツ」として、活動場所を西宮市に移し、現在に至ります。現在、メンバーは17名。西宮を中心に伊丹、三木、姫路、たつの、高砂など各市からメンバーが集まり活動しています。
そのメンバーは、実力派ぞろい。チーム発足当初に出場した大会でいきなり優勝したり、ある大会の余興で、健常者のみのチームと対戦したときも勝ってしまうほど。20年以上の歴史と共に「西宮メッツ」は、全国大会で優勝するなど強豪チームとしても全国的に知られています。
「障がい者、健常者が対等にみんなが楽しめるスポーツ」とローリングバレーの魅力を語る代表の岡本さん。しかし、昨今「若い人がチームに入ってこない」と障がい者同士のつながりが薄れつつあることを感じています。
チームを立ち上げた故人の山田氏を始め、いろいろな人の繋がりから生まれた「西宮メッツ」。「ローリングバレーを全国に広めていきたい」と競技の普及、啓発へと思いを繋げています。

精神保健福祉ボランティア入門講座

この講座では、精神障がいについての知識を学び、障がいについての理解を深め、今後、ボランティアとして活動される方を養成します。
「ボランティア活動に興味があるけど、何から始めていいのかわからない方」など少しでも興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご参加ください。お待ちしております。

1.日時・場所  9月5日(水)13:30〜15:30  アイ愛センター1階 第2訓練室

講義内容

●開講式・オリエンテーション
●講義「ボランティア活動について」
●講義「楽しいボランティア活動について」
●講義「病気についての理解」

講師

●伊丹市ボランティア・市民活動センター職員
●伊丹健康福祉事務所職員
●ボランティアグループなかよしの会

2.日時・場所 9月12日(水)13:30〜15:30   アイ愛センター1階 第2訓練室

講義内容

●講義「精神障がいの方への理解」
●講義「伊丹市の障がい福祉サービスについて」
●実習前オリエンテーション

講師

●伊丹天神川病院精神保健福祉士
●伊丹市役所障害福祉課職員


3.日時・場所 9月19日・26日、10月3日・10日の間で2施設を各1回実習
         (時間は施設により異なる)9:00〜16:00(予定)

講義内容

実習@(9月19日・26日、10月3日・10日)市内の施設にてボランティア実習
実習A(9月19日、10月3日)ボランティアグループ「なかよしの会」参加


4.日時・場所  10月17日(水)13:30〜15:30    アイ愛センター2階 研修室

講義内容

●講義「精神障がいのある方の地域での生活」
●グループワーク
「みんなで話し合ってみましょう」
●閉講式

講師

●NPO法人ICCC

5.その他
※申込時に実習@、Aの希望の日をお伺いします。(ただし、希望の曜日にならないことがあります。)
【主 催】伊丹市(障害福祉課)・伊丹健康福祉事務所・伊丹市立障害者福祉センター
【会 場】アイ愛センター(市立障害者福祉センター)他
【定 員】20名※先着順です
【参加費】無料
【申込み】8月29日(水)までにお電話またはFAXにてお申込みください。
問合せ先:アイ愛センター(市立障害者福祉センター)住所:伊丹市昆陽池2丁目10番地Tel772-0221 FAX780-2897

.

3ページ

アイ愛カルチャーだより 9月

新たにお申し込みのうえ、ご参加ください。

できあがりが楽しみ…
短期教室
陶芸

6名限定
9月1・15日、10月6・20日
11月17日、12月1日(土)
10:00〜12:00
持ち物・・・エプロン
材料費・・・2500円(6回分)

ちょっとしたメイクのコツを伝授★
一日教室
資生堂ビューティーレッスン

10名限定
8日(土)10:00〜11:30
参加費・・・無料

プレゼントに!
一日教室
押し花

10名限定
ランチョンマットを作ります。
13日(木)10:00〜12:00
材料費・・・2枚で700円

手作りは格別おいしいです!
一日教室
やきたてパン作り

8名限定
29日(土)10:00〜13:00
持ち物・・・エプロン・三角巾・手ふき
材料費・・・実費

※日時が変更になる場合がありますので、詳しい日程につきましては、毎月の「アイ愛カルチャーのご案内」にて確認をお願いします。
※参加資格:教室に参加できるのは、市内在住の障がいのある方。ただし、身体障害者手帳等取得時に65歳未満であった方に限ります。

パソコンが好きな方!
パソコン要約筆記奉仕員養成講座

全5日!
9月23日・30日、10月7日・14日・21日
各日曜日10時〜15時30分
会場:アイ愛センター2階多目的室他

【定 員】15名(先着順)
【参加費】1,300円(テキスト代等)
【持ち物】ノートパソコン、LANケーブル、筆記用具
【参加対象】パソコンの基本操作を理解しており、タッチタイピングができる方。
【申込み先】アイ愛センター(伊丹市立障害者福祉センター)
       電話:072‐772‐0221  FAX:072‐780‐2897
【申込み締切】9月16日(日)までに電話又はFAXにてお申し込みください。


要約筆記奉仕員とは?
伊丹市の地域生活支援事業のコミュニケーション支援で講演会や学校、聴覚障がいのある方から派遣の依頼があった際に、情報保障として現場に行き、要約筆記をする方です。

 

4ページ

三枝選手、入賞おめでとう!!

7月14日〜7月23日にカナダ・トロントで開催された第2回世界ろう者陸上競技選手権大会に日本代表として出場した三枝浩基選手が帰国しました。
出場選手の全てが、金メダルを筆頭に入賞、10位以内に入るという日本選手団としては、過去最高の成績を収めました。
ポテトサラダ6月号で紹介した伊丹在住の三枝浩基選手は、100m準決勝で惜しくも敗退しましたが、続く4×100mリレーで、メダルまで後わずかに迫る4位入賞を果たしました。
日本選手団の各選手の結果は、日本聴覚障害者陸上競技会のホームページhttp://jdaa.sakura.ne.jp/JDAA.htmlを是非ご覧ください。
今回、世界の大舞台で貴重な経験を積んだ三枝浩基選手は、今年まだ21歳。
今後の更なる活躍が期待されます。
選手の皆さん、選手を支えた監督・コーチ・スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。これからも頑張ってください。

 

手話サークル「アタシカ」

昭和47年、夏。伊丹市職員と聴力障がい者が三重県熊野市新鹿(あたしか)町で2泊3日のキャンプをしたことがキッカケで発足した手話サークル「アタシカ」。名称の由来は、キャンプ地の地名から命名されました。
昭和45年、手話奉仕員養成事業の開始を契機に全国に手話サークルが誕生する頃、「アタシカ」は兵庫県で3番目に発足した歴史のある手話サークルです。
現在、手話サークルは、全国各地にありますが、その手話サークル間の連絡調整として各都道府県に手話サークル連絡会が置かれ、各都道府県の手話通訳問題研究会と共に手話の啓発、聴覚障がい者の情報保障、社会参加等に重要な役割を果たしています。
「アタシカ」は、毎週火曜日、18:30〜アイ愛センターで活動しています。お菓子を食べながら、メンバー同士、練習を兼ねて手話で話す「サロン・ド・アタシカ」や聴覚障がい者の方によるミニ講演会、手話の学習会、レクリエーション、聴覚障害者団体の支援等を行っています。毎回、聴覚障がい者の方も参加するため、内容はとても実践的で、手話の上達も早く、技術も磨かれると同時に、聴覚障がいの理解も深まります。「初めは分からないけど、自分の手話が通じたとき、すごく楽しかった」手話の魅力、楽しさが「アタシカ」の魅力、楽しさに繋がっています。
現在、28名。主婦・勤労者・学生等、色々な背景を持った方、幅広い年代の方が参加されます。「ドラマを観て興味を持ったから」「子どもとのコミュニケーションのため」「聴覚障がいの患者が来られたため」手話を始めた動機も思いも様々な方が集います。
『「アタシカ」に来るみんなが、手話を通じて、いろんな方と楽しく交流を深めて、サークルをいいものにしていけたら』と4月、新会長に就任した坂田さん。
今年、創立40周年を迎え、9月9日に記念大会を開催する手話サークル「アタシカ」。今も変わらず、サークル発足当初の熱い思いが引き継がれています。

5ページ

ピア・カウンセリング

「ピア・カウンセリング」
ピア・カウンセリングの「ピア」の意味は、『仲間』。
ピア・カウンセリングとは、仲間同士で様々な話や想いを話し合い聴き合うことを指します。
プロではなく「ピア」であるサポーターが、同じ立場の仲間として、下記の日程で相談窓口に座っております。些細なことでも遠慮せず、気軽に相談してみませんか。
(事前予約は必要ありません。)

担当ピア・サポーター
ピア・カウンセリング日程
発達障がい児(者)の家族
火曜日(月2回)

午前9時30分〜午後12時30分

(お問い合わせ下さい)

視覚障がい者
火曜日
午後1時〜午後4時
知的障がい児(者)の家族
水曜日
午前9時30分〜午後12時30分
肢体障がい者
木曜日
午前9時30分〜午後12時30分
肢体障がい者(電動車いす使用者)
木曜日

午後1時〜午後4時

聴覚障がい者
金曜日
午前9時30分〜午後12時30分
重度心身不自由児(者)の家族
金曜日
午後1時〜午後4時
精神障がい者
土曜日
午前9時30分〜午後12時30分

.

専門スタッフ相談

障がいのある方が、日常生活を送る中で抱える様々な課題などについて、専門スタッフが相談に応じます。
(事前に、電話・FAXによる予約が必要です。)

相談種目
相談内容
相談員
9月 相談日程
精神(児童)
情緒・精神発達
精神科医

8日(土)15時〜18時
27日(木)15時〜18時

精神(成人)
心の悩み全般
精神科医
25日(火)12時〜15時
心理相談
発達等の相談・判定
臨床心理士
お問い合わせください
作業療法
日常生活動作向上
作業療法士
8日(土)10時〜14時
権利擁護
日常金銭管理・成年後見等
司法書士
お問い合わせください
理学療法
運動機能・訓練
理学療法士
毎週火曜日〜土曜日 9時〜17時30分
看護相談
健康相談
看護師
毎週火曜日〜土曜日 9時〜17時30分

.*センター行事や相談員の都合により、日程が変更・休止になる場合があります。ご了承ください。

 

「権利擁護相談」をご利用ください!!

アイ愛センターでは、毎月一回、司法書士による「権利擁護相談」を実施しています。ぜひ、ご活用ください。例えば次のようなことでお困りのことや気になっていることはありませんか?

例)●障がいがあり、一人では判断能力が十分ではない子供の、親亡き後の財産管理や身の上のことが心配。
●成年後見制度を利用したいけど、内容や手続きにについてよく分からない。そもそも、成年後見制度ってどんな制度なのか知りたい・・・等々。

<詳 細>
○内 容:日常的金銭管理や成年後見制度の利用に関する相談。
○担 当:司法書士
○日 程:毎月一回(お問合わせください。)
○対 象:原則、伊丹市内在住の障がい児者またはその家族、関係者。
○申込・問合せ先:アイ愛センター(市立障害者福祉センター)
            生活支援担当     Tel.772−0221   Fax.780−2897

研修に関するご案内!!

「平成24年度兵庫県相談支援従事者初任者研修」及び「平成24年度兵庫県サービス管理責任者等研修」に関する日程等が詳細が決定しました。詳細は下記問合せ先のホームページにアップされています。

<申込・問合せ先>
兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター福祉のまちつくり研究所
家庭介護・リハビリ研修センター課
〒651-2181神戸市西区曙町1070 Tel.078-927-2727(代表)
ホームページ http://www.hwc.or.jp/kensyuu/access/access.html

6ページ

「いたみこどもいちば」開催!

8月24日(金)11時〜15時 伊丹中央サンロード商店街内(サン専門店) 被災地支援イベントを同時開催予定

小学生と障がいのある人が一緒に製作した商品や、障がい者支援施設の自主製品、被災地支援商品、地元企業商品等を販売します。

販売予定品 クッキー、手づくり飴、野菜、ジュース、お茶、ルイボスティ、手芸小物、さおり織製品、絵葉書、香水、石鹸等

「いたみこどもいちば」とは、小学生と障がい者が一緒になって、商品を製作し、その商品を売る「社会体験プログラム」です。この取り組みを通して福祉教育や障がい理解の推進、障がい者の工賃(給料)アップ、地域活性化などにつなげていきたいと考えています。

主催●伊丹市障害者地域自立支援協議会
共催●伊丹市・伊丹市社会福祉協議会
後援●伊丹商工会議所・伊丹市教育委員会

<問い合わせ先>
伊丹市地域生活支援センター
TEL072-787-6798/FAX072-787-6911
E‐Mail:shien@itami-shakyo.or.jp

 

7ページ

〜デイサービスを利用されているメンバーさんの取り組み紹介〜

障害者デイサービスセンターでは、火曜日から土曜日の週5日開所し、サービスを提供しています。
デイサービスは、あいあいグループ、わくわくグループ、にこにこグループの3つに分かれて、午前はストレッチ、午後は各グループごとにプログラムを行っています。その中で2人の利用者の方にインタビューし、思いや感想などを紹介させていただきます。

H・Sさん
初めてデイサービスを見学しに来たのは、4年前の夏でした。大広間でボーリングをやっていました。それから1年6ヶ月後の12月11日にあいあいグループに入れてもらいました。
あいあいグループは初めの日は、書道をしていたと思います。3日後に楽天の田中選手が来ました。エライ所に来たなと思いました。
それから1年3ヶ月後、作品展があるから、女性スタッフが昆陽池にしばかりに行ったと聞き、まるで‘ももたろう’の話しのようだと思い、それを元にして物語にしたら、みんながおもしろいから話だけでなく絵をつけたらどうだろうという事で、紙芝居を書き始めました。
あいあい編、わくわく編、にこにこ編の3部作にしたらいいと思い、今あいあい編、にこにこ編を書き終えました。あと、わくわく編を考えるだけです。
皆さんの協力で、見事な紙芝居ができあがっています。

M・Sさん
デイサービスでは、指編みでアクリルタワシを作ったり、キーボードで‘さんぽ’の曲を弾いたり、昼食のメニューをボードに書いたり、したい事やできる事をやらせてもらってとても楽しいです。私は、人に助けてもらってしかできないことも沢山あるけど、私がしてあげられることもあって、話し相手になって喜んでくれるとうれしくて、家に帰って「こんなんだったよ。」とよく話をします。
いろんな事を話し合いで決めたりする時、自分の意見を出しやすく「できるだけ取り入れます。」とスタッフの人が言ってくれ、積極的に取り入れてくれるのが、一人の人間として認めてもらえているととてもうれしいです。
また、わくわく探検隊でいろいろな所に出かけるのも楽しみで、中央公民館でのイベントに参加して、ストラップを作ったり、新しい図書館を見学したりしました。ストラップはカバンにつけています。本が多いのに驚いたときは、美女と野獣の本棚のシーンを思い出しました。
今度はどこに行くのかな!?とわくわくしています。

 

8ページ

9月の伊丹市立障害者福祉センター利用案内(アイ愛センター)

※伊丹市民の利用に限ります

■施設利用

部屋の専用利用申し込みは、
障がい者団体:3カ月先までの申し込みができます。
その他団体:2カ月先までの申し込みができます。(一般団体は有料)

区分
障がい者団体
ボランティア・福祉団体
一般団体(有料)
センター1階
日常生活訓練室
 
センター2階
調理実習室
会議室・研修室
多目的室・和室
研修室
多目的室
和室
センター3階
大広間・屋外訓練場
大広間
デイセンター1階
陶芸室・芝生広場(屋外)
 
 
時間帯・部屋名
研修室
和室
多目的室
大広間
午前(9時から12時)
450円
5,400円
午後(13時から17時)
500円
7,600円
夜間(17時から21時)
550円
7,800円
午前から午後(9時から17時)
900円
13,000円
午後から夜間(13時から21時)
1,000円
15,400円
午前から夜間(9時から21時)
1,450円
20,800円

.

■プール利用

一般開放(市民のかた 大人250円、小人120円)
個人使用(障がい児・者のかた 介助者2名まで無料)
専用使用(障がい者団体及び障がい者施設)

時間・曜日
火曜
水曜
木曜
金曜
土曜
日曜・祝日
午前(10時から12時)
専用
専用
専用
専用
歩行訓練(個人)
一般
午後(12時半から14時)
専用
専用
専用
専用
一般(13時から)
一般(13時から)
午後(14時から15時半)
個人
専用
専用
専用
一般
一般(15時まで)
午後(15時半から17時)
個人
専用
専用
専用
一般
午後(17時から20時)
個人
個人
個人
個人
専用

※10歳以下の利用者には必ず保護者が同伴してください。
※受付は19時までです。

 

■浴室の利用

個人使用(男子・女子)(自力入浴ができる障がい者及び65歳以上の高齢者)
専用使用(入浴介護が必要な障がい者とその介護者)

時間・曜日
火曜
水曜
木曜
金曜
土曜
10時から11時
男子
女子
男子
女子

男子(10時から11時半)

女子(12時から14時)

専用
(15時から16時)
(16時から17時)

11時から12時
男子
女子
男子
女子
12時から13時
専用
専用
専用
専用
13時から14時
専用
専用
専用
専用
14時から15時
15時から16時
専用
専用
専用
専用
16時から17時
専用
専用
専用
専用

(使用料)無料 (石鹸・タオル・洗面器などは各自ご持参ください)

※プール・浴室は諸般の事情により予告なしに中止になる場合があります。

■9月の休館日: 3・10・18・24日 (月曜日及び祝日の翌日)

【編集後記

今年は4年に1度の夏季オリンピックがロンドンで開催され、みなさまはテレビの前にくぎ付けだったのではないでしょうか。日本とイギリスの時差は8時間です。夜中の観戦にすっかり寝不足の方もおられるのでは・・・。
あの感動を胸に、まだまだ続く暑さも吹き飛ばして乗り越えていきましょう!!

.

【利用の申し込み・問い合わせ先】

〒664−0015伊丹市昆陽池2-10
○障害者福祉センター Tel772−0221 Fax780−2897
開館時間:火曜日〜土曜日9:00〜21:00/日曜日・祝日9:00〜17:30
休館日:月曜日・祝日の翌日
・障害者生活支援コーナー
業務時間:火曜日〜土曜日9:00〜17:30/休業日:日、月曜日・祝日の翌日
・ボランティア・市民活動センター昆陽池分室
Tel773−8601 Fax773−8608
業務時間:火曜日〜土曜日9:00〜17:30/休業日:日、月曜日・祝日の翌日
○障害者デイサービスセンターTel772−0239Fax780−2897
開館時間:火曜日〜土曜日9:00〜17:30/休館日:日、月曜日・祝日の翌日
ホームページhttp://www.itami‐shakyo.or.jp/


   バックナンバー一覧へ