地域福祉ネット会議
 

 

<地域福祉ネット会議の定義>

 「地域福祉ネット会議」とは、小学校区を圏域(地域)として、自治会関係者や民生委員児童委員などの住民の方々に加え、地域内の福祉関連の施設や事業所、さらに行政や相談支援機関の職員等が共に集い、誰もが安心して暮せる地域づくりに向けての調整や協働を行うネットワークづくりの会議です。

<地域福祉ネット会議で「わかること」>

☆地域の福祉の現状がわかる  (地域の福祉の状況を共有します)

☆地域で困っている人のこと(福祉ニーズ)がわかる  (地域にある福祉課題や求められる支援の情報を共有します)

☆地域の誰が何をしているかがわかる  (地域福祉に関わる多職種の人が集まるのでお互いの役割がわかります)

☆地域の住民ができることがわかる  (福祉ニーズが広がる中で、住民ができる助け合い活動がわかります)

☆地域のお互いの顔がわかる  (会議を通じて、お互い顔がわかり、より連携がとりやすくなります)

img01

<地域福祉ネット会議の進め方>

☆集まれる人から始めよう

 「地域福祉ネット会議」は「何かをするための会議」ではありません。「支え合いの地域づくり」に向けて地域の関係者が一同に集う情報共有型の会議です。関心のある人が自由に集まれる場として始めましょう。

☆何回開催するのですか

 地域で福祉情報を交換できる場は定期的にあれば、いろいろな人が参加しやすくなります。でも無理のない程度継続することが大切です

☆何を話し合いますか

 「地域福祉ネット会議」は、個別の案件を議論する場ではありません。例えば、「最近、徘徊高齢者の方を多く見受けられます、地域でどのような対応をしようか」という地域の福祉課題への取り組みを議論する場です。

☆伊丹市・伊丹市社協・介護支援センターが支援します

 「地域福祉ネット会議」は市の地域福祉計画において、住民の自主的な地域福祉活動の場として位置づけています。この会議の準備や進行は伊丹市社会福祉協議会や地域の介護支援センターが市の委託を受け住民の方と一緒に行います。

【22年度の開催状況】

地   区 開 催 回 
(準備会を含む)
参加延べ人数
(準備会を含む)
 設  置  日
神  津 5回

73人

平成14年5月7日
稲  野 4回 56人
平成14年6月28日
笹  原 4回 49人
平成14年8月26日
天神川 4回 51人
平成14年11月13日
昆陽里 休止中
平成15年2月5日
伊  丹 4回 81人
平成16年1月22日
有  岡 4回 51人
平成16年3月16日
鴻  池 4回 46人
平成17年10月21日
鈴  原 6回 101人
平成18年2月16日
緑  丘 7回 167人

平成21年8月20日

花  里 10回 205人

平成21年10月6日

52回 880人  

<「地域福祉ネット会議」の効果(ほんの一例です)>

■ 地域の福祉の実情を知ろう!アンケートの実施

 ある「地域福祉ネット会議」では、「地域の実情を知ろう」ということで、住民アンケートを実施しました。そのアンケート結果から、地域内の「近隣住民の方に支援してほしい内容」や「要請があれば、支援しますよ」と協力を申し出ていただける方の実態を把握することができました。

■ 福祉情報を共有するための広報誌を作りました!

 近年、福祉に関するいろいろな制度が充実し、相談の窓口も広がりつつありますが反面、身近な福祉情報が入りにくくなっています。そこで、ある「地域福祉ネット会議」では、「困った時の相談窓口」という地域住民向けパンフレットを作成しました。そのパンフレットには、行政の相談窓口だけでなく、地域の民生委員児童委員や「ふれ愛福祉サロン」などの身近な福祉情報も載せたパンフレットを作り地域住民に配布しました。

■ 地区ボランティアセンター(助け合いセンター)を作りました

 「地域福祉ネット会議」の議論から、地域住民同士の「助け合いの仕組みを作ろう」ということで、地区ボランティアセンター(助け合いセンター)を設置した地区がいつくかあります。中には、ボランティア依頼の受付窓口を開設して、地域住民が窓口ボランティアとして相談を受け付けているところもあります。

■ 注意情報の発信!

 「地域福祉ネット会議」で、ある出席者から「近所の一人暮らし高齢者宅へ悪質商法の訪問をしている人がいる」という情報が寄せられました。そこで「地域福祉ネット会議」として、注意喚起の緊急回覧を行うことになりました。おかげで、被害を受けた報告はなく、その訪問者もいなくなりました。

■ 携帯メールで見守りネットワーク!

 ある「地域福祉ネット会議」では、認知症高齢者の徘徊問題が話題となりました。徘徊高齢者の発見には、情報の伝達と早期の発見が大切なことから、「地域福祉ネット会議」の参加者が情報を一斉発信できるメーリングリストに登録をしました。現在は、地域活動の連絡もメールで行われています。

■ 福祉情報を共有するだけでも効果あり

 「地域福祉ネット会議」というと、「何かしなければ・・」という考えもありますが、ある「地域福祉ネット会議」では、「福祉情報の共有と発信が一番大切」と、定期的に会議を開くことと、地域住民に向け情報発信(広報誌など)に力を入れている所もあります。

 

 

戻る